サラヤ公式通販

お問い合わせ

メニュー

サラヤ公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

HOME > 知っておきたい!家庭の感染と予防 > 食中毒(ウェルシュ菌)とは?

知っておきたい!家庭の感染と予防

ウェルシュ菌とは?

どこにいるの?

潜伏場所

ウェルシュ菌は、土や水の中、健康な人や動物の腸内など自然界に幅広く生息している細菌。特に牛・鶏・魚が保菌していることが多く、注意が必要です。

原因となる食品

汚染された肉類や魚介類を使った「煮込み料理」
「カレー」や「スープ」「シチュー」などの大量調理は要注意です。

ウェルシュ菌は空気が嫌いな細菌のため、粘性の高い煮込み料理を寸胴鍋で作ると、鍋底の酸素濃度が低くなるためウェルシュ菌の好きな状態に!
酸素の少ない"鍋底"近くでは増殖します。

菌の特徴

菌の特徴

  • 酸素(空気)がないところでも増殖する。
  • 100℃、6時間の加熱にも耐える"芽胞"を形成する。

"芽胞"を一度作ってしまうと、通常の加熱では死滅しません。
そうなる前に、調理中はよくかき混ぜ、鍋底にも空気を送りながら加熱しましょう。
調理後は早めに食べきり、室温で放置せずに残りを保存する場合は速やかに粗熱を取って冷蔵庫に保存しましょう。
※厚みのない容器などに移し替え、氷や保冷剤の上で混ぜると早く冷えます。

主な症状

水様性の下痢・軽い腹痛。

潜伏期間

6〜18時間。

食中毒の3原則を把握しよう

「つけない!」ことが、もっとも重要!菌がゼロであれば増殖しないので、つけなければ食中毒は起きません。

つけない!

手の洗浄・消毒の徹底

手にはさまざまな菌やウイルスが付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを家庭では食べものにつけないように、次のような時は必ず手を洗いましょう。

  • 調理を始める前
  • 生の肉や魚、卵を取り扱う前後
  • 食卓につく前
  • 残った食品を扱う前

増やさない!

迅速な調理・提供と低温保存

ウェルシュ菌は、一度"芽胞"を作ってしまうと通常の加熱では死滅しないので、"芽胞"ができないように、調理後は小分けにするなど工夫し、すばやく冷却して冷蔵庫に保存しましょう。(10℃以下)
細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。
食べものについた菌を増やさないためには低温で保存することが重要。肉や魚などの生鮮食品などは購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れ、迅速な調理と提供を心がけましょう。
※冷蔵庫に入れても菌はゆっくりと増殖するので、早めに食べましょう。

やっつける!

加熱処理

ほとんどの細菌やウイルスは、加熱によって死滅します。肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安心。
特に肉料理は中心までよく加熱することが大事です。
※中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。
ただし、ウェルシュ菌は一度"芽胞"を作ってしまうと加熱しても死滅しないことから、調理中はよくかき混ぜ、鍋底にも空気を送りながら加熱しましょう。