サラヤ公式通販

お問い合わせ

メニュー

サラヤ公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

HOME > 知っておきたい!家庭の感染と予防 > ノロウイルス感染症とは?

知っておきたい!家庭の感染と予防

ノロウイルス感染症とは?

ノロウイルス感染症とは?

ノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こす、ウイルス性の感染症。長期免疫が成立しないため何度もかかります。

主に冬場に多発し、11月頃から流行がはじまり12〜2月にピークを迎えますが、年間を通して発生します。
原因ウイルスであるノロウイルスの増殖は人の腸管内のみですが、乾燥や熱にも強いうえに自然環境下でも長期間生存が可能。 感染力が非常に強く、少量のウイルス(10〜100個)でも感染・発症します。

ノロウイルス感染症の特徴

  • 主に冬期に多いが、年間通して発生する。

ノロウイルスの特徴

  • アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力がある。
  • 感染力が非常に強い。
  • 一度かかっても、何度も感染する。

ノロウイルスは「ノンエンベロープウイルス」

「ノンエンベロープウイルス」はアルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いことで知られていますが、最近ではノンエンベロープウイルスにも有効な新しい「酸性アルコール消毒剤」が開発されています。

代表的なウイルス
ノロウイルス、ロタウイルス、ポリオウイルス、アデノウイルスなど。

どんな症状?

ノロウイルスは体内に入った後、小腸の上皮細胞で増殖し、胃の運動神経の低下・麻痺が伴うために主に「腹痛・下痢・吐き気・嘔吐」の症状を引き起こします。潜伏期間は12〜48時間です。
胃をひっくり返すような嘔吐もしくは吐き気が突然、強烈に起きるのが特徴です。

発熱は約37〜38℃の軽度で、大人では吐き気や腹部膨満感といった症状が強いようです。発症後、通常であれば1〜2日程度で症状は治まります。
下痢は水様性で、重症例では1日に十数回も見られますが、通常は2〜3回で治まります。その他の症状としては、発熱のほか、筋肉痛、頭痛などが見られますが、後遺症が残ることもなく、いずれも軽症です。

  • 潜伏期間は、12~48時間
  • 突発性の嘔吐・吐き気、腹痛から水様性の下痢症状

症状のない「不顕性感染」に要注意!

ノロウイルスに感染したにもかかわらず、嘔吐などの特別な症状が出ないまま便中にウイルスを排出することがあります。これを、「不顕性感染」と言います。無症状であっても、身近な人に症状がある場合は自身も感染している可能性があるため、無自覚のまま感染源となる場合があります。食品を取り扱う方などは特に注意が必要です。

かかってしまった時の対処法

ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく、対症療法が行われます。特に抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が感染すると、「脱水症状」になりやすいので、症状が少し落ち着いた時に、少しずつ水分補給を行ってください。(乳幼児の場合、ジュースや牛乳などの濃い飲みものを与えたり、一気に飲ませると吐き戻してしまうことがありますので注意してください。)

脱水症状がひどい場合には、病院で輸液(点滴)を行うなどの治療が必要となります。尚、下痢症状がひどいからと言って、強い下痢止めを服用すると、ウイルスが腸管内に溜まり、回復を遅らせることがありますので注意してください。また嘔吐物によって気道が塞がり、「窒息」を起こすことがあるので、よく観察することが大切です。

適切な汚物の処理方法

汚物(嘔吐物や排泄物)には、ノロウイルスが大量に含まれている可能性があります。
感染の拡大を防ぐために以下のポイントを守って、「すばやく」「適切に」処理してください。

  • すばやく適切に処理する!
  • 乾燥させない!
  • 消毒する!

準備するもの

塩素系漂白剤調製液

塩素系漂白剤を水で薄めて、0.1%以上の塩素系漂白剤調製液を作成します。

0.1%以上の塩素系漂白剤調製液
(※市販されている約5%濃度の漂白剤を使用した場合)

水量 1L 3L 5L 10L
原液 20mL 60mL 100mL 200mL

※経時変化の恐れがありますので、濃い目(0.1%以上)に調整します。
※調整日から3ヶ月を経過した液は調整し直してください。
※塩素系漂白剤調製液は、漂白作用があるため、脱色される可能性のあるものは注意してください。

「くつカバー」1足(2枚)

床に着いた汚物に、直接触れないようにする。
(くつカバーは、ビニール袋でも可)

「ペーパータオル(キッチンペーパー)」20枚

捨てることのできる、
汚れのない白い雑巾でも可。

「手袋」2双(4枚)

2枚重ねにして、手指を介した二次感染を防ぐ。

「ゴミ袋」大2枚

「ガウン(またはエプロン)」1枚

水分の染み込まないビニール性でひざ下までのガウン、もしくはエプロン。しゃがんで処理を行う時に衣類への飛び散りを防ぐ。

「マスク」1枚

粉塵の吸い込みを防ぐ。

これら感染防止品をひとまとめにしました。

スマートハイジーン 汚物の処理セット

スマートハイジーン 嘔吐物固め隊

嘔吐物等の汚物にまんべんなくふりかけるだけで、高分子ポリマーと木粉の働きにより、水分を素早く吸収して固まるため簡単に処理できます。

汚物処理時の6つのポイント

  1. 使い捨ての手袋、ガウン(エプロン)、マスク、くつカバーなどの個人防護具を着用すること。
  2. 処理をする人以外は、汚物に近づかないこと。
  3. 効果的な殺菌剤を使うこと。
  4. 十分に換気をすること。
  5. ウイルスは広く飛散し、高く舞い上がるため、広範囲の壁や床を洗浄すること。
  6. 処理後には手洗いを2度行い、うがいをすること。

衣類の洗い方

準備するもの

「準備するもの」と「服装」は汚物の処理方法と同じです。

塩素系漂白剤を水で薄めて、0.02%塩素系漂白剤調製液を作っておきます。

※塩素系漂白剤調製液は、漂白作用があるため、色柄ものの洗濯には注意してください。

0.02%塩素系漂白剤調製液
(※市販されている約5%濃度の漂白剤を使用した場合)

水量 1L 3L 5L 10L
原液 4mL 12mL 20mL 40mL

衣類洗濯時の6つのポイント

  1. すぐに洗えないときは衣類をビニール袋に入れ、
    周囲を汚染しないようにする。
  2. 下洗いをする付着した汚物中のウイルスが飛び散らないように処理をした後、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いします。その際には、しぶきを吸い込まないように注意して行いましょう。
  3. リネン類の消毒0.02%塩素系漂白剤調整液での消毒が有効です。その後、十分にすすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果は高まります。 85℃で1分間以上の熱水洗濯が効果的ですので、熱水洗濯が行なえる洗濯機があれば利用しましょう。 ※布団などすぐに洗濯できない場合は、汚物の付着した部分をよく乾燥させ、スチームアイロンや布団乾燥機を使用すると効果的です。
  4. 洗濯した場所の清浄化下洗いを行なった場所も0.02%塩素系漂白剤調整液で消毒し、洗剤を使用して清掃を行ないましょう。

感染を拡大させないため、対策しましょう

ノロウイルスは主に経口感染で、ノロウイルスに汚染された二枚貝(主に牡蠣)などを摂取することで感染します。ご家庭では、感染者の便や嘔吐物に触れた手指で取り扱う食品などを介して、二次感染を起こすことが多くなっています。

  • しっかり手洗い・消毒し、
    感染をストップさせましょう!
  • うがいでしっかり予防しましょう。
  • 感染拡大防止のため、洗浄・除菌を行いましょう。

ヒトーヒト感染に要注意!

ノロウイルスの感染は"食品"からだけではありません。 感染者の便や嘔吐物中には大量のウイルスが存在するので、トイレでの排便時、汚物の処理時に"手"が汚染されます。
その手を介して、水道の蛇口、洗い場などがノロウイルスに汚染され、さらにそこから他の人へ汚染が広がります。
このような感染を、「ヒト-ヒト感染」と言います。 嘔吐などがあった場合は、すみやかに正しい処理を行なって、二次汚染をさせないことが重要です。

感染拡大の原因となりやすいトイレは日頃から清潔に保ち、ノロウイルス対策として不活化効果を期待できる薬剤等を使用した除菌や消毒が必要です。

  • ウイルスを飛び散らせないように流す前にフタをしてから、流すようにしましょう。
  • 特に便座を清潔に!ノロウイルスの集団発生直後に施設内のふき取り検査をした結果、トイレの便座、手すり、ドアノブのうち、もっとも多く検出されたのは便座でした。
  • 和式の場合は床もしっかりと。
    手洗いシンクのカランも忘れずに。

衛生のSARAYAがご提案する感染対策アイテム

手指消毒

"トイレの後"、"食事の前"には、殺菌・消毒できる薬用せっけんで、徹底した手洗いを必ず行います。 "トイレの後"や"汚物の処理後"などは2度洗いし、水気をふき取り、手指消毒をしましょう。また、感染者は下痢の症状がなくなったからといって安心してはいけません。便にはしばらくウイルスの排出が続きますので、トイレ後には手洗いと消毒を徹底しましょう。

健康管理

外から帰った後や空気が乾燥しているときなど、うがい・マスク着用の習慣を持ち予防に努めましょう。汚物の処理後にもうがいをしましょう。

環境の清掃

感染拡大を防止するため、"手"がよく触れる場所などは、こまめに洗浄・除菌を行いましょう。トイレの便座・蓋、ドアノブ、電気などのスイッチ、キッチンまわりなども注意しましょう。

二次感染予防

嘔吐物などにはウイルスが大量に存在する可能性があります。「すばやく」「適切に」処理し、感染を防ぎましょう。