サラヤ公式通販

お問い合わせ

メニュー

サラヤ公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

HOME > 知っておきたい!家庭の感染と予防 > MERS(中東呼吸器症候群)とは?

知っておきたい!家庭の感染と予防

MERS(中東呼吸器症候群)とは?

MERSコロナウイルスの感染力

MERSは、「MERSコロナウイルス」と呼ばれるウイルスが引き起こすウイルス性の感染症。「MERSコロナウイルス」は、エンベロープという脂質膜を持つウイルスで、このようなウイルスは一般的にアルコール消毒剤が効きやすいと考えられています。
しかしながら、まだ不明な点も多いため注意が必要です。

写真引用元:Centers for Disease Control and Prevention

MERSの特長

感染者1名から免疫のない人に二次感染する人数の平均値は、
現時点でRo(※)1以下と考えられています。

(※)Roとはウイルス感染力を示す目安で、基本生産数のことです。

どんな症状?

潜伏期間は2〜14日程度。主な症状は、発熱、咳、息切れなどで、感染しても症状が現れない人(不顕性感染者)もいますが、疾患のある人は重症化(重症肺炎)する傾向があり、重症急性呼吸器症候群(SARS)と類似して死者も多く出ています。

  • 潜伏期間は2〜14日程度
  • 発熱、咳、息切れ
  • 疾患のある人は重症化(重症肺炎)する傾向
  • 致死率が高い

感染を拡大させないため、対策しましょう

「MERSコロナウイルス」はヒトコブラクダが保有していることから、ヒトコブラクダが感染源の1つとされています。ところが、感染者の中にはヒトコブラクダとの接触歴がない人も多く含まれ、人にどのように感染するかは正確には分かっていません。

ヒト-ヒト感染については、家族間や医療機関における患者間、患者と医療従事者間など、濃厚な接触での感染が報告され、「飛沫感染」によると考えられていますが、ドアノブなどの環境表面についたウイルスへの接触などによる「接触感染」も成立すると考えられています。

現在、MERSに対するワクチンや治療法はないため、"予防"が何より大切です。「MERSコロナウイルス」は、エンべロープという脂質膜を持つウイルスのため、アルコール消毒薬が比較的効きやすく、手洗い・うがいをはじめ、手指消毒、マスクが予防対策のひとつと言えます。

  • しっかり手洗い・消毒し、
    感染をストップさせましょう!
  • マスクでしっかり予防しましょう。

衛生のSARAYAがご提案する感染対策アイテム

手洗い・消毒の徹底

MERSは、飛沫や手指を介して感染すると考えられるため、十分な手洗いと手指消毒が大切です。手洗いと手指消毒を徹底しましょう。

健康管理

外から帰った後や空気が乾燥している時など、うがい・マスク着用の習慣を持ち、予防に努めましょう。

環境の清掃

家庭内感染を防ぐために、"手"がよく触れる場所などは、こまめに洗浄・除菌を行いましょう。